東京コミコン来日記念「Stephen Gary Wozniak 講演会」に行きます。 – ポップカルチャーとしてのYouTubeを考える。


「ポップカルチャーとテクノロジーの融合 ウォズのこれまでとこれからの未来」をテーマに、Apple創業者の一人である、
スティーブ・ウォズニアック氏が語る貴重な講演会。
講演会への参加にあたって、講演会のテーマ「ポップカルチャーとテクノロジーの融合」とYouTubeについて、考えたいと思います。



 

■ 目次
1. コミコンとは?
2. 来日記念イベントとは?
3. ウォズニアックって誰?
4. YouTubeとポップカルチャー

 
 

コミコンとは?

 

コミックコンベンション(コミコン)とは、テクノロジーとポップカルチャーの祭典。
アメリカで毎年7月に開催され、海外コミック、アニメ、ゲーム、映画と多彩な内容で、最大13万人を集める一大イベント。
昨年、2016年に初めて日本での「東京コミコン」が開催され、今年は2度目の開催となります。

 

■ 東京コミコン2017
開催日時 :
2017年12月1日(金) 12:00 – 19:00
2017年12月2日(土) 10:00 – 19:00
2017年12月3日(日) 10:00 – 18:00

 

開催場所 :
幕張メッセ ホール9-11
(千葉市美浜区中瀬2-1)

 

詳細はWebで!(公式HP)
公式HP : http://tokyocomiccon.jp/

 
 

来日記念イベントとは?

 

Twitterユーザのあなた。そう、あなた!
Twitter広告を一度は目にしたのでは?
(やたらと(ずっと)広告を見かけますね 笑)

 

東京コミコンでは、主催者の一人であるスティーブ・ウォズ二アック氏がイベントのため、来日します。
そして、来日記念イベントとして開催されるのが「Stephen Gray Wozniak 講演会」
講演会では「ポップ・カルチャーとテクノロジーの融合 ウォズのこれまでとこれからの未来」をテーマに、 ウォズニアック氏が“ものづくり”にかける想いについて語るようです。
イベントは都内のホテルで開催され、講演会の後、ビュッフェ形式の昼食を食べながら、ウォズニアック氏と握手や写真撮影が出来るイベントもあるようです。

 

しかしながらこの講演会、チケットが高い!
なんとその額、80,000円!!!
この価格にはTwitter上でも「行きたい!けど高い、、、。」との声が続出です、、。
(あ、ずっと広告が流れている原因はこれか)

 

■ 「Stephen Gary Wozniak 講演会」
開催日時 :
2017年12月4日(月) 12:00 – 15:00

 

開催場所 :
ザ・プリンスパークタワー東京
(東京都港区芝公園4-8-1)

 

詳細はWebで!(公式HP)
公式HP : http://tokyocomiccon.jp/wozniak/

 
 

ウォズニアックって誰?

 

で、ウォズニアックって誰なのよ?と思っている方もいるかと思います。
そんな方のために、軽くご紹介!

 

■ スティーブ・ウォズニアック
Apple共同設立者の一人で伝説的なエンジニア。
スティーブ・ジョブズらと共にApple社を創業し、当時としては革新的なホームコンピュータである「AppleⅠ」および「AppleⅡ」をほぼ独力で開発。
パーソナルコンピュータのパイオニアでありながら、気さくで温厚な性格から、「ウォズ」の愛称で多くのファンに愛されている人物です。

 
 

YouTubeとポップカルチャー

 

YouTubeは今や、ポップカルチャーの一翼を担う存在となっています。
このサイトをご覧になっている皆様をはじめ、多くの方がYouTubeを日常的に見るようになりました。
また、YouTuberと言う職業が生まれ、多くの若者が憧れる職業になっています。

 

今回の講演会のテーマにある「ポップ・カルチャーとテクノロジーの融合」はまさにYouTubeが象徴的と言えるのではないでしょうか?
動画配信プラットフォームとネットワーク技術の発展により、個人が気楽に動画配信を行えるようになり、個人の様々な動画コンテンツがポップカルチャー(大衆文化)と呼べる程に成長しました。

 

YouTuberの皆様も、いま一度、YouTubeとYouTuberと言うポップカルチャーについてマクロな視点で考えて見てはいかがでしょうか?
私も、YouTuber業界の一員として、今回の講演会を聞き「ポップ・カルチャーとテクノロジー」の今と未来を考えたいと思います。

 
 
最後になりますが、ウォズもYouTubeで東京コミコンへの思いを発信しています。
ウォズもYouTuberデビューですかね、、笑

 

もし、このブログが良かったら「いいね!」ボタン、よろしくお願いします!